債務の整理・過払い金返還請求を考えている方へ 問い合わせ画像 問い合わせ画像

TOP >  質問箱 > どのような資料が必要ですか

進む 戻る

どのような資料が必要ですか

原則として資料は不要です。

原則として資料は不要です。

資料が必要となるのは,取引が古く履歴が取引途中からの開示(不完全開示)され,未開示部分について推定計算する場合です。履歴が開示されなかった部分については古い資料があるかないかにより推定計算の可否,立証の可否が異なります。信販系の会社(三菱UFJニコス,オリエントコーポレーション,クレディセゾン,エポスカード(丸井))などに不完全開示は多くなります。古い利用明細書を残してあることは稀なので,引落支払の場合には古い預金通帳があるか確認しておく必要があります。預金通帳がない場合には,引落口座の支店に預金履歴が残っている場合があり本人であれば入手できます。

また,亡くなられた方(被相続人)の相続人が請求する場合には,相続人の地位にあることが分かる戸籍謄本等が必要になります。

さらに,現在の住所ではない時期に完済した取引など,当時の住所が不明の場合,当時の住所を知るため住民票や戸籍の付票を取り寄せることが必要となる場合があります。

なお,未完済の取引について現時点で過払状態かどうかを知るためには,取引履歴が必要になります。ご自身で取り寄せていただければ計算は無料で行っています。計算上過払状態であれば,「準完済取引」として,完全成功報酬制となります。

関連事項ヘ移動 推定計算 履歴入手方法 準完済取引