債務の整理・過払い金返還請求を考えている方へ 問い合わせ画像 問い合わせ画像

TOP >  質問箱 > 完済前に過払い金の有無を知ることはできますか

進む 戻る

完済前に過払い金の有無を知ることはできますか

ご自身で取引履歴を取り寄せて計算することで知ることができます。

専門家に依頼せず,自分で取り寄せる方法は,過払い状態かどうか分からない状態でいきなり弁護士に依頼するのはためらわれる方や過払い金の額が大きければ返還請求したいと考えている方にお勧めします。

ご自身で取引履歴は貸金業者に連絡して,取引履歴が欲しいと言えば,各業者所定の手続で開示してもらえます。貸金業者は開示を拒否することはできません。利用目的を聞かれたら,取引内容を知りたいとのみ回答すれば足ります。本人が開示請求した時点で残高免除や一定の過払い金の返還を提示する貸金業者もいます。しかし,取引履歴を確認していない状況で和解するのはよくないので,まず取引履歴を開示してもらうことが重要です。

注意が必要なのは,過払い金が発生するのは制限利率を超える取引のみなので,キャッシング取引に過払い金があっても,ショッピング残高がある場合には,過払い金とショッピング残高との差し引きとなる点です。ショッピング残高はそのままにしてキャッシング取引の過払い金のみを回収するということはできません。また,ショッピング残高は売上げが反映されるのに若干時間を要するため,履歴開示直前にショッピング利用した場合,その履歴に最近のショッピング利用分が反映されていない場合があります。

なお,貸金業者によっては,本人が請求した場合と,弁護士が過払い金返還請求した場合とでは開示する履歴の態様が異なる場合があり,本人取り寄せの履歴では正確な計算ができない場合があります。

また,履歴上過払状態であったとしても,完済前に過払い金返還請求をすると事故情報が載る場合があるため,発生している金額と事故情報のリスクを比較して着手するかどうか慎重に決める必要があります。

当事務所では,完済前の取引について過払い金の有無を確認する計算は無料で行っています。計算上過払状態であれば「準完済取引」として完全成功報酬制となります。

計算サービス申込用紙

関連事項ヘ移動 履歴の入手方法 準完済取引