問い合わせ画像 問い合わせ画像

当事務所代理事案の判決文の提供について

弁護士・認定司法書士・官公庁で,当事務所代理事案の判決文をご希望の場合は,以下の事項をご確認の上,申込みフォームよりお申し込み下さい。

申込み資格

申し込みができるのは,弁護士認定司法書士官公庁のみです(それ以外の方はお申し込みできません)。

ただし,弁護士・認定司法書士については,以下の事由のいずれにも該当しないことが必要です。該当の有無は所属事務所単位で,かつ,当事務所の独断で判断します。

  1. 弁護士法に違反する業務,又は違反するおそれのある業務を行っている場合
  2. 所属する弁護士会・司法書士会の職務規程・指針に違反する業務を行っている場合
  3. 貸金業者のために代理業務その他の業務を行っている場合

1について,認定司法書士さんについては,そのホームページ・広告等に140万円を超える事案の代理交渉・和解ができないことの表示が無い場合,その表示があっても140万円を超える事案について書類作成でサポート・調整をするなど代理業務以外の名目で扱える旨の記載がある場合,又は140万円を超える事案についての報酬表記がある場合は,弁護士法に違反するおそれのある業務を行っているとみなします。心当たりのある認定司法書士さん,申し込む前にホームページを書き替えましょう!

2について,確か,指針超えた報酬堂々と取っている事務所ありましたよね,東京に。どこにあったかな,中央,いや新宿だったかな・・・

手数料

下記事務手数料(A,B,Cの合計額)をいただきます(前払いです)。

ご理解の程宜しくお願い致します。

  1. 1回2000円(税別)
  2. 判決文の枚数×20円(税別)
  3. 送料

A について

お申込み1回毎の事務手数料としていただきます。

毎回毎回,事務員使って,紙使って,個人情報マスクして,漏れないか確認して,質問に答えてって・・・ご理解いただけると思います。

また「できればお願いします」ってお願いして頂く必要はないので,かえって遠慮なく提供をお申し込みいただけると思います。

B について

印刷費としていただきます。判決文の一部のお申込み(例:別紙計算書不要,認証頁不要など)はできません。また,縮小・両面印刷承りません。

主な判決文の枚数はこちらをご覧下さい

C について

郵便局のレターパック・ライト(360円・内税)で発送します(厚さ3cm以内)。FAXやメール添付など郵送以外の提供は承りません。

手数料額の例

1回の申込みで,例えば,判決A(59枚),判決B(13枚)を申し込むと,なんと税込み4075円(=A2160円+B1555円+C360円)。

安い!

優秀な先生方なら勝てる。報酬で賄って下さい。

「控訴審判決届いたけど,やっぱり第1審判決もお願い」となったら?

もう1回事務手数料Aがかかります。まとめて申し込みましょう。

提供判決内容の問い合わせ

   

本判決提供申し込みで提供された判決について,そこで引用されている証拠の内容,判断の下になった主張書面(準備書面や控訴理由書等)の内容など,回答できる範囲,かつ,業務に支障が生じない範囲で,後日,ご質問にお答えします。真面目に戦っている先生には真面目に対応します。

なお,認定司法書士さんは,手に負えなくなったら,無理せず早めに弁護士へ。

注意事項等

お申込の流れ

  1. お申込フォームに必要事項入力の上,送信
  2. 送信確認メールが届きます(自動返信)

  3. ちょっとお時間頂いて手数料合計額をメールにてお知らせします
  4. あわせて振込先口座をお知らせします

    ご希望に添えない場合はその旨お伝えします。

  5. よろしければ手数料額をお振り込み下さい。
  6. 入金後はお申込の取消・変更はできません

    取消・変更したいときは,入金前にその旨返信して下さい。

  7. 入金確認後,発送します(可及的速やかに)。
  8. 発送した際にその旨メールします。

    領収書も同封します。

判決提供お申込フォーム